【投手層厚く好打者ぞろい】 7日から「第11回U―15全国KWB野球秋季大会」(KWB野球連盟など主催)が千葉県成田市などで始まる。愛媛県選抜チームは16中学校の軟式野球部の3年生20人で結成。初優勝を目指し練習に励んでいる。

 大会では高校の硬式野球にスムーズに移行きるよう、大きさや重さが硬式球と同じKWBボールを使う。

 県選抜は、限られた練習時間を課題の連係プレーなど守備強化に充て「息も合い、このチームで勝ちたいと団結力が生まれた」(藤村監督)。チームは投打ともにエース宇都宮が引っ張る。力強いストレートで相手打線を封じ、チャンスでは長打力を発揮する。

 左右各3人とバランスがとれた投手陣...    
<記事全文を読む>