BCリーグの信濃グランセローズは29日、本西厚博監督(54)の来季の続投と有銘兼久投手コーチ(38)、松井宏次守備走塁コーチ(31)の退団を発表した。

 1年契約で合意した本西監督は取材に「来季は優勝を狙いに行く。投手が多く抜けたのは痛いが、野手には手応えを感じている」と意気込みを話した。球団によると、有銘コーチは楽天からの派遣期間満了による退団。松井コーチは2年務めたこともあり、来季の契約を更新しなかった。

 有銘コーチは「良いことも悪いこともありましたが、皆さんの応援が力になりました」、松井コーチは「最後まで熱い応援を頂き感謝しています」と、それぞれ球団を通じてコメントした。
<記事全文を読む>