プロ野球DeNAの吉田孝司スカウト部長、大久保弘司副部長が29日、長野市の信濃グランセローズの球団事務所を訪れ、育成ドラフト1位指名した笠井崇正投手(22)にあいさつをした。

 球団事務所で吉田部長らは笠井と仮契約を結んだ後、長野市内のホテルで記者会見に臨んだ。吉田部長は育成指名の理由を「(笠井は)投手としての実績は少ないが、速い、強いボールが投げられる」とし、「育成は支配下よりハードルは高いが、それを乗り越えられるものを持っている」と評価した。

 笠井は「不安もあるが、今から準備して、早く支配下登録してもらえるように頑張りたい」と決意を表明。会見に同席した信濃の本西監督は「早く支配下選手...    
<記事全文を読む>