【栗山】「栗さん、おめでとう」―。プロ野球北海道日本ハムファイターズが10年ぶりの日本一に輝いてから一夜明けた30日、栗山英樹監督の自宅がある町内は祝福ムードに包まれた。監督が造った少年野球場・栗の樹ファームには大勢の人が訪れ、商店街は記念セール開催を決定。熱い声援を送ってきた町民たちは、監督の初の偉業をたたえた。

 日本一が決まった29日夜は「まちの駅・栗夢プラザ」で大型スクリーンによる観戦会が開かれた。会場では「北海道日本ハムファイターズを応援する栗山の会」会員や町民ら約120人が激戦を制した喜びを分かち合った。

 今後、町民有志が12月下旬を予定する監督のパレードについての協議を本格...    
<記事全文を読む>