10年ぶり3度目の日本一に輝いた日本ハムの栗山英樹監督が優勝決定から一夜明けた30日、広島空港で取材に応じ、4勝2敗で制した日本シリーズを「最後に勝てたから良かった。一番勉強させてもらった」などと振り返った。祝福メールの返信が追い付かない状況で、前夜は興奮からか眠れなかったという。

 第7戦までもつれていれば、今季限りでの引退を表明して現役最後のマウンドに立つ広島の黒田と、日本ハムの大谷との投げ合いが実現していた。幻となった対決については「俺が一番見たかったよね。そのマッチアップは」と一ファンのような視点でちょっぴり残念そうに話した。

...    
<記事全文を読む>