中田の押し出し四球で5―4と勝ち越した八回2死満塁。代打も考えられたが、七回から登板したバースがそのまま打席に立った。「狙っていた」という直球を鮮やかに中前にはじき返し、勝利を決定づける6点目。一塁ベースで大きく右腕を突き上げた。

 “本職”でも力強い投球で流れを引き寄せた。七回は3人で相手の攻撃を終わらせて、八回のビッグイニングを呼び込んだ。その裏は3者連続三振。3戦目から4連投で、「疲れもピークで腕もぼろぼろ。でも踏ん張らないといけない時」と、気合十分の投球で広島打線を抑え込んだ。

 日本シリーズの4勝はすべて日本ハムが誇るリリーフ陣が挙げた。「優勝するために日本に来た。ブルペン陣がカ...    
<記事全文を読む>