真っ赤に染まった広島ファンの期待を打ち砕いた。2点を勝ち越し、なおも2死満塁。高々と上がった打球は、左中間フェンスを越えた。右手を挙げてダイヤモンドを回るのはレアード。「最高の気分。大事な場面で打ててうれしい」。八回のビッグイニングをお決まりの「すしポーズ」で締めくくった。

 日本一をたぐり寄せたのは、日本ハムらしい、つなぐ打線だった。広島を突き放した八回の猛攻は2死走者なし、1番西川から始まった。

 2連敗してからの4連勝。さらに4勝ともゲーム終盤で勝ち越した。最大11・5ゲーム差をはね返したレギュラーシーズンを再現するような日本シリーズだった。MVPに輝いたレアードは言った。「信じられ...    
<記事全文を読む>