SMBC日本シリーズ2016は29日、マツダスタジアムで第6戦が行われ、25年ぶりに出場した広島(セ・リーグ優勝)は日本ハム(パ・リーグ優勝)に4―10で敗れ、32年ぶり4度目の日本シリーズ制覇はならなかった。最高殊勲選手(MVP)には今シリーズ3本塁打を放ったレアードが選ばれた。

 日本ハムは2連敗スタートしながら4連勝して逆転で10年ぶり3度目(前身の東映時代を含む)のシリーズ制覇を果たした。栗山監督は就任1年目の2012年に続いて2度目の出場で初めて日本一に輝いた。

 広島は4―4の八回、2死から3連打で満塁のピンチを迎え、ジャクソンが押し出し四球で勝ち越しを許した。さらに中前打とレ...    
<記事全文を読む>