プロ野球の日本シリーズで10年ぶりの日本一を決めた北海道日本ハムの選手たちは30日未明、広島市内のホテルで祝勝会を行った。激戦を制して勝ち取った日本一の喜びを爆発させた選手たちは、待望のビールかけを行い、勝利の美酒に酔いしれた。

 会場には瓶3千本、缶240本のビールを用意。大野奨太選手会長が「北海道のファンのみなさん、1年間ありがとうございました。なんまら神っていたファイターズ、日本一おめでとう!」と乾杯の音頭を取ると、選手たちは絶叫しながらビールを頭からかけあい、リーグ優勝時に続く今季2度目のビールかけを心から楽しんだ。

...    
<記事全文を読む>