【広島市で運動部・斎藤孟】プロ野球のSMBC日本シリーズ2016は29日、広島市のマツダスタジアムで3万693人を集めて第6戦が行われ、パ・リーグ優勝の日本ハムが10―4でセ・リーグ覇者の広島を下し、対戦成績を4勝2敗として前身の東映時代を含めて10年ぶり3度目の日本一に輝いた。

 日本ハムは今季、最大で11・5ゲーム差をつけられながらも投打の「二刀流」で活躍する花巻東高出身の大谷翔平投手(22)を中心に逆転で4年ぶりのリーグ優勝を飾った。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでは2位ソフトバンクを退け、日本シリーズでは2連敗と苦しいスタートを切りながら4連勝で頂点に立った。<...    
<記事全文を読む>