プロ野球のドラフト会議で阪神から6位指名された徳島インディゴソックスの福永春吾投手(22)=大阪府出身=が28日、徳島市のとくぎんトモニプラザで球団関係者から指名のあいさつを受けた。2年連続でリーグの奪三振王に輝いた本格右腕は「プロでも三振を奪える投手になる」と意欲を新たにした。

 阪神の佐野仙好統括スカウトと永吉和也スカウトディレクター、山本宣史担当スカウトの3人があいさつ。握手を交わした福永は「最速152キロの直球が自分の強み。今季限りで引退した(阪神の)福原さんのような力強い球を投げたい」と話した。その上で、キャンプまでに現在91キロの体重を増やし、下半身の強化などに取り組むことを...    
<記事全文を読む>