プロ野球、阪神タイガースの選手、監督ら一行が10月28日、高知県安芸市での秋季キャンプのため、空路で高知入り。高知龍馬空港で地元ファンらの出迎えを受けた。4年ぶりのBクラス転落から巻き返しを期す若虎たちが、29日から安芸球場で鍛え込む。

 メンバーは若手中心の32選手。エース級の藤浪晋太郎投手や、新人の高山俊外野手ら1軍クラスの選手も高知を訪れた。父がロッテなどで活躍した高知県出身の横田真之さんである横田慎太郎外野手も1軍定着を目指し、名を連ねている。

 到着ロビーでは、安芸市関係者や熱烈なファンが横断幕やのぼりを持って歓迎。「六甲おろし」が流れる中、登場した金本知憲監督に、横山幾夫・安芸...    
<記事全文を読む>