オリックスからドラフト3位で指名された花咲徳栄高の岡崎大輔内野手が28日、同校で加藤康幸球団本部付らのあいさつを受けた。岡崎は「本当に光栄。レベルアップしてチームに貢献できる力をつけていきたい」と意気込みを語った。

 岡崎のほかに同校の田中一夫校長、岩井隆監督が同席し、オリックスは加藤氏のほか、中川隆治アマチュアスカウトグループ長、牧田勝吾スカウトが訪問。岡崎は「岩井監督に教わったことを生かし、一日も早く1軍に上がれるように頑張りたい」と目を輝かせた。

 岡崎を担当した牧田スカウトは「プロの世界は結果が全てではあるが、若手に火を付ける存在になってほしい」と岡崎の印象を語り、中川グループ長も...    
<記事全文を読む>