最後の最後まで悩み抜いた。第6戦の先発に増井を投入。第7戦までもつれれば、大谷を先発マウンドに送ることが濃厚となった。28日、空路で広島へ向かった栗山監督は「いろんなバージョンを考えた。戦略的なことは言えないけど、これまでの勝ち方、選手の状態、調子」と表情を引き締めた。

 日本一に王手をかけている。大一番を前に再び“禁じ手”を敢行する可能性も示唆した。「将来的に選手のマイナスにならないのなら、全ての経験が宝物になる」。ただ、大谷の“三刀流”だけは回避する。昨季から一度も守備には就いていない。指揮官は「可能性はゼロではないけど、それは得策じゃないし、さすがにないだろ」と明言した。

 舞台は1...    
<記事全文を読む>