韓国プロ野球のSKは、27日に新監督として契約した元日本ハム監督トレイ・ヒルマン氏(53)について、日本ハムを日本一に導いた実績などを高く評価しているとのコメントを発表した。球団によると、ヒルマン氏は「韓国のファンと一丸となって優勝を目指せることをうれしく思う」と語っている。2年契約で契約金40万ドル(約4200万円)、年俸60万ドル(約6300万円)。

 SKは報道発表で「日本と米大リーグで監督経験があり、力量を高く評価した」と説明。2003年から07年まで日本ハムを指揮し、06年には44年ぶりの日本一、07年にはパ・リーグ連覇を達成したことも紹介した。日本ハムが北海道に移転した04年...    
<記事全文を読む>