千葉ロッテからドラフト3位指名された東海大市原望洋高の島孝明投手(18)が28日、市原市の同校で球団から指名あいさつを受けた。「将来のエースとして期待します」とのメッセージが入った伊東監督のサイン色紙などを受け取り、「千葉ロッテを代表する選手になりたい。幼いころから近い存在だった球団。指名していただいて安心している」と話した。

 最速153キロの直球と切れのあるスライダーが持ち味で、今夏のU18(18歳以下)アジア選手権日本代表にも選ばれた右腕。そのチームメートで、同じくドラフト指名された寺島(大阪・履正社)、高橋(埼玉・花咲徳栄)、藤平(神奈川・横浜)、今井(栃木・作新学院)の「ビッグ...    
<記事全文を読む>