10年ぶりの日本一に王手をかけた1勝は、あまりに劇的だった。札幌ドーム(札幌市豊平区)で27日に行われたプロ野球日本シリーズ第5戦で、北海道日本ハムは西川遥輝選手のサヨナラ満塁本塁打で5―1で広島に勝利。シリーズの札幌最終戦を最高の形で締めくくり、日本ハムファンは歓喜に浸った。

 同点で迎えた九回、2死満塁の好機で打席に入った西川選手。完璧に捉えた打球は、「行けー」というファンの大歓声に乗せられて、右翼席に吸い込まれた。選手たちにもみくちゃにされているヒーローを、目を潤ませながら見つめていた札幌市白石区の会社員木皿日奈子さん(25)は「西川選手のファンなので打球の行方をドキドキしながら見...    
<記事全文を読む>