一度動きだした試合はそう簡単には終わらない。

 レアードの2ランでリードして迎えた九回。マウンドに立った宮西は2死後、四球と連打で満塁とされた。打席には3番の丸。長打が出れば逆転だ。それでも栗山監督は「困れば困るほど、最も信頼できるのが宮西。打ち取ってくれると信じていた」。

 2死満塁でフルカウントになっても宮西は動じなかった。「開き直れた。スライダーを信じて投げた」。ピンチの場面で抑えてきた得意のスライダー。狙い通りに外角低めに投じた自慢の1球に丸のバットは空を切った。宮西は「声援に助けられた。すごい味方がおると感じた」とファンに感謝した。(舩本篤史)

...    
<記事全文を読む>