プロ野球ドラフト会議で西武から4位指名された静岡高の鈴木将平外野手が26日、静岡市葵区の同校で球団スカウトのあいさつを受けた。鈴木は「走塁、打撃を磨き、早く(1軍の)舞台に立ちたい」と意欲を新たにした。同校の栗林俊輔監督らが同席した。

 西武の前田俊郎編成部育成・アマチュア担当部長と安達俊也スカウトが、今後の日程などについて説明した。

 「1、3番で外野の一角を担う選手に」との期待の言葉を受けた鈴木。プロ野球で2度年間200安打を達成した青木(マリナーズ)に長く憧れてきたが、西武にも秋山という年間最多安打の日本記録保持者がいる。「どんな理論を持っているのか聞きたい」と貪欲に教えを請うつもり...    
<記事全文を読む>