大舞台になればなるほど燃える千両役者が、またやってくれた。

 1―1の同点で迎えた八回2死一塁、レアードが打席に入ると「何かやってくれる」という期待が札幌ドームを包んだ。ジャクソンにカウント1―2と追い込まれたが、今季の本塁打王は冷静だった。「ジャクソンはピンチで決め球のスライダーを投げる」。読みが的中、甘い球を迷いなく振り切ると、打球は大歓声が待つバックスクリーン左に飛び込んだ。負ければ王手をかけられる危機を救い、星を五分に戻す、値千金の勝ち越し弾となった。

...    
<記事全文を読む>