阪神からドラフト2位指名された富士大の小野泰己投手(22)が25日、岩手県花巻市の同校で球団の佐野仙好統括スカウト、葛西稔担当スカウト(弘前市出身)らから指名あいさつを受けた。

 小野は校門前で出迎え、握手を交わした。金本知憲監督のサインが入ったドラフト会場の入館証を贈られ「とてもうれしい。指名を受けた実感が本当に湧いてきた」と話した。

 同校からは昨年西武から1位指名された多和田真三郎投手ら4年連続でプロ野球選手が誕生している。小野は「ライバルだと思っている。先輩たちに負けないように頑張りたい。プロで勝てる投手を目標に、新人王を狙いたい」と意気込みを語った。

 葛西スカウトは「肘の使い方が...    
<記事全文を読む>