阪神からドラフト2位指名された富士大の小野泰己(たいき)投手(4年、福岡・折尾愛真)は25日、花巻市の富士大で、球団から指名あいさつを受け、「勝てる投手になりたい」と決意を新たにした。

 佐野仙好統括スカウト、葛西稔スカウトらが訪問し、小野、富士大の豊田圭史監督らと懇談。

 担当の葛西スカウトは「腕の振りに柔らかさがあり、ボールにスピンをかけられ、150キロを投げる強さもある。ローテーションに入り、勝ち星を拾い優勝に貢献してほしい」と期待を語った。【写真=金本知憲監督サイン入りのドラフト会議入館証(左)と目標を書いた色紙を手に、笑顔を見せる富士大の小野泰己=花巻市・富士大】
<...    
<記事全文を読む>