1点を追う八回2死二塁。3番大谷が敬遠気味のボール球を投げられている間、ネクストバッターズサークルの中田は静かに下を向いていた。集中力を研ぎ澄まし、気持ちを高めた。「気合が入っていた。ストライクが来たら自分のスイングをしよう」。4番の意地を見せる時が来た。

 大谷が歩いて迎えた2死一、二塁、ジャクソンの3球目。バットの先に当たった打球はレフトへ。「落ちてくれと、祈りながら走った」。願いが通じたのか、ボールは懸命に前進する左翼手のグラブのわずか手前で弾んで後方へ。一時逆転の2点二塁打となった。(喜代吉健介)

...    
<記事全文を読む>