日本ハムは25日、ドラフト4位で交渉権を獲得した森山恵佑(けいすけ)外野手(専大)へ指名のあいさつをした。神奈川県の専大野球部寮を訪れた今成、西の両スカウトと握手を交わした森山は「長打力など、バッティングをアピールしていく」と意気込んだ。

 母校の星稜高(石川)の先輩で、巨人や米大リーグヤンキースの中軸を担った松井秀喜元選手の愛称にちなみ「ゴジラ2世」と呼ばれる大型野手。同い年の日本ハムの大谷の強打に触れ、「あの飛距離を目標にしたい」と飛躍を期した。

 今成スカウトは「今年のドラフトは長打力のある野手が補強ポイントだった。今のチームにはあまりいないタイプだ」と、頼もしげに見つめた。
<記事全文を読む>