同点の十回に登板した4番手のバースが1回を無失点に抑え、その裏のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 2番の菊池から始まる好打順。菊池と丸を中飛に打ち取り、新井に中前打を許したものの、続く鈴木を力強い直球とスライダーで追い込むと、最後は落ちる変化球で空振り三振に切って取った。

 チームが八回に逆転し、勝利目前の九回に谷元が1点差を追いつかれ、広島に試合の流れが再び傾きそうになったところを押しとどめた。

 第1戦でリードされた七回途中に登板、追加点を奪われて悔しい思いをした借りをきっちりと返した。

...    
<記事全文を読む>