SMBC日本シリーズ2016は25日、札幌ドームで第3戦を行い、日本ハムは延長十回、大谷がサヨナラの右前打を放ち、広島に4―3で競り勝った。大谷は、今季限りで現役引退を表明している広島の先発黒田から二塁打も2本放った。第4戦も午後6時半から札幌ドームで行われる。予告先発は日本ハムが高梨、広島は岡田。日本シリーズは先に4勝したチームが勝者となる。◇ 日本ハムがサヨナラ勝ちで、連敗を2で止めた。3―3の延長十回1死から、四球を選んだ西川が2死後に盗塁で二塁に進み、大谷が右前打で試合を決めた。先発有原は7回4安打2失点にまとめた。

 広島は先発黒田が5回2/3を4安打1失点と好投したが、最後は...    
<記事全文を読む>