プロ野球のドラフト会議で日本ハムから4位指名された黒部市出身で専修大野球部主将の森山恵佑(けいすけ)外野手(22)=桜井中、石川・星稜高出=が25日、今成泰章、西俊児の両スカウトから指名のあいさつを受け「長打力を生かしてほしい」と激励された。

 森山選手は、神奈川県伊勢原市の専修大体育寮を訪れたスカウトとがっちり握手。「共に天下を!夢は正夢」と書かれた栗山英樹監督のメッセージ入りカードを贈られた。

 身長188センチ、体重92キロで、星稜高時代から「松井秀喜2世」とも評された左の強打者はプロ入りの実感が湧いてきたとし「長打を含めた打撃でアピールしたい。大学の残る期間を充実させてプロで良いス...    
<記事全文を読む>