プロ野球のドラフト会議で、巨人から1位指名された中京院大の吉川尚輝内野手(中京高出)が24日、中津川市の同大でをスカウト陣からあいさつを受けた。吉川は「プロの世界に足を踏み入れようとしている実感が湧いてきた。まずは開幕1軍、そしてチームに不可欠な戦力になりたい」と意気込んだ。

 訪れたのは、巨人の山下哲治スカウト部長と、藤本茂喜担当スカウトの2人。約30分間の面談では、背番号など契約内容には触れず、仮契約の時期や新人合同自主トレーニングなど、今後のスケジュールを伝えたという。記者陣の囲み取材に応じた山下部長は「良い選手の証しでもある印象的な目つきだった」と語った。「守備と走塁の面ではすで...    
<記事全文を読む>