東北楽天は23日、牧田明久外野手(34)、相沢晋(29)相原和友(26)加藤正志(27)の3投手に来季の契約を結ばないと通告した。加藤は現役続行を目指して12球団合同トライアウトに参加する予定。伊東亮大内野手(27)、北川倫太郎外野手(23)には同日、来季の支配下契約を結ばず、育成選手契約を打診。北川は応じる意向を示した。

 牧田は福井・鯖江高から2001年に近鉄入団。近鉄とオリックスの合併に端を発した球界再編により、04年秋の分配ドラフトで東北楽天入りした。強肩強打の外野手として初年度からチームを支え、13年には日本シリーズ第7戦で本塁打を放つなどして球団初の日本一に貢献。球団創設時か...    
<記事全文を読む>