塁に出なければ、日本ハム打線の持ち味である足や小技を使った攻撃も繰り出せない。九回は中田、レアードが連打を放ったが、八回まではわずか2安打で走者を出したのは3イニングだけ。負けるべくして負けた。

 「相手の思うつぼだった」(近藤)。多彩な変化球を操るセ・リーグ最多勝右腕の野村の術中にはまった。内外角に丁寧に投げ分けられ、球も手元で微妙に動く。一回は中島の二塁打で好機をつくったが、近藤が三振し、レアードは右飛に倒れた。「フルカウントまで粘ったが、良い所に投げられてしまった」とレアード。先手を取りたかったが、あと1本が出なかった。

 野村を揺さぶるため、俊足の中島が試みたセーフティーバントも実...    
<記事全文を読む>