<広島5-1日本ハム> 4点を追う九回1死一、二塁。代打の大谷翔平(花巻東高)は、広島の抑え中崎翔太の内角直球に空振り三振を喫した。「一球で仕留めたかった」と悔やんだ。

 2戦目はベンチで戦況を見守り、終盤は代打に備えた。

 真っ赤に染まった約3万人の応援を力に進撃する広島に苦い連敗。「(広島は)長打もあり、つなぐところをしっかりつなぐので得点にも絡んでいる。(先発の)野村さんもすごくいい投球をしていた」と振り返った。

 札幌での第3戦は打者として、最初で最後の対戦となる黒田博樹に挑む。「勝負自体は楽しみ。結果を残せれば一番いい。決める打者が決め、出る打者が出て、みんながしっかり仕事をこなせば...    
<記事全文を読む>