「悔しい1敗」―。マツダスタジアム(広島市)で23日に行われたプロ野球日本シリーズ第2戦で、北海道日本ハムは広島カープに1―5で敗れた。六回の微妙な判定で流れを失って2連敗。広島ファンの熱狂の中で、日本ハムファンは「札幌で巻き返しを」と前を向いていた。

 同点の六回、日本ハムは無死二塁のピンチから左前打を許し、二塁走者が本塁へ突っ込むと、左翼手の西川遥輝選手が好返球。球審はアウトを宣告したが、ビデオ判定の結果、セーフとなり勝ち越された。判定が出るまでの数分間、満員の球場に漂った緊張感は、広島ファンの大歓声に変わり、日本ハムファンは静まり返った。2日連続で観戦した札幌市清田区の会社員尾山陽...    
<記事全文を読む>