打線が「線」とはならなかった。この2連戦はわずか1得点ずつ。第1戦はレアードの本塁打、この日は相手失策での得点。18イニングで適時打が生まれず、得点力不足がそのまま勝敗に結びついている。

 さらにこの日は、広島投手陣の前に4安打と抑え込まれた。九回に中田、レアードの連打で、好機をつくったものの、代打・大谷が三振に倒れるなど、ここでも走者かえすことができずに2試合続けての完敗を喫した。

 6回1得点に封じられた野村について、城石打撃コーチは「みんな何とかしようというのは感じたけど、動く球を仕留め切れなかった」と唇をかんだ。

 しかし、逆襲への光が見え始めた。第1戦、4打数無安打に終わった4番・...    
<記事全文を読む>