両チームを通じ、井口がルーキー投手として一番乗りで日本シリーズの大舞台に立った。

 七回に3番手で登板。敵地を埋め尽くした赤ヘルファンの大声援にもひるまなかった。先頭・石原を1球で遊ゴロに打ち取ると、続く代打・下水流を変化球でタイミングを外し、遊邪飛、田中には力勝負の真っすぐで空振り三振。3者凡退斬りで、初舞台を終えた。

 新人ながら今季37試合に登板した右腕はやはり貪欲だ。「勝ちの展開で投げられるように。大事なのはこれを次にどう生かすかです」。もう出るだけで満足感を得るつもりはない。

...    
<記事全文を読む>