プロ野球日本一のタイトルを争う日本シリーズが広島市のマツダスタジアムで開幕した22日、札幌圏の飲食店や小売店でも北海道日本ハムのファンが「敵地の広島に届け」と大型テレビ前などで熱い声援を送った。試合は広島に1―5で負けたもののファンは「次こそ」と気持ちを切り替えた。(田口谷優子、松下文音)◎ 店主夫婦が日本ハムファンで有名な札幌市中央区の居酒屋「飲み喰い処やぶき」では、試合中も次々とテレビ観戦目当てのファンが訪れ、にぎわった。

 店主で料理を担当する矢吹敏彦さん(60)は、二回に広島が足を絡めて先制し、その後も点差を広げる展開に「落ち着かないね」とテレビをちらちら見て苦笑い。白石区の団体...    
<記事全文を読む>