広島は投打がかみ合った。二回1死一、三塁で重盗を決めて先制。四回に松山、エルドレッドのソロで2点を加え、七回にも丸の適時打などで2点を追加した。ジョンソンが七回途中1失点と踏ん張り、七回2死一、二塁では今村が好救援を見せた。

 日本ハムの大谷は制球がまとまらず6回3失点。打線はレアードのソロによる1点に終わった。

...    
<記事全文を読む>