プロ野球阪神からドラフト3位指名された須磨翔風高の才木浩人投手が21日、神戸市須磨区の同校で佐野統括スカウトらから指名あいさつを受けた。緊張のドラフト会議から一夜明け、「家に帰って落ち着いた。プロ入りへの実感も湧いてきました」と笑顔で話した。

 この日は学校の体育大会があり、部活対抗リレーのアンカーを務めた才木。「陸上部に負けて2位でしたけど、保護者から寄せ書きした旗をもらったり、一般生徒から祝ってもらったりしてうれしかった」と感激していた。

 球団からは、188センチの長身や手足の長さ、肩や肘の柔らかさを生かした投球が評価され、「体ができれば150キロも投げられる」と熊野スカウト。才木は...    
<記事全文を読む>