20日のプロ野球ドラフト会議で、東海大市原望洋高校の島孝明投手(18)が千葉ロッテに3位で、社会人野球の新日鉄住金かずさマジック(君津市)の玉井大翔(たいしょう)投手(24)が北海道日本ハムに8位で、それぞれ指名された。島投手は通算200勝を目標に掲げ、玉井投手は「先発でもどこでも投げる」と抱負を語った。

 (渡辺陽太郎、北浜修)◆ロッテ3位 東海大市原望洋高・島孝明投手 島投手は校内で野球部員と会議を見守った。指名確定後「本当に指名されるか不安だった。ほっとした」と笑顔を見せた。ロッテの本拠地QVCマリンフィールドは、慣れ親しんだ球場だが、「今までと違う、生まれ変わった姿を見せたい。島...    
<記事全文を読む>