プロ野球北海道日本ハムの金子誠打撃コーチ(40)がパーソナリティーを務める地域FM「三角山放送局」(札幌市西区)の人気番組「週刊マック」が今年、10周年を迎えた。放送が始まったのは日本ハムが北海道移転後、初めて日本一になった2006年。金子さんは当時、主力選手として活躍し、引退後も番組を続けている。06年以降、日本一を手にしていない。番組スタッフは「再び、日本一奪還をラジオで報告したい」と願う。

 番組は、球団の北海道移転から2年後に「ファイターズを身近に感じてもらおう」と、当時、選手会長だった金子さんの愛称を冠してスタート。読者の質問に答えるほか、元選手とコーチの両方の目線で語る野球解...    
<記事全文を読む>