日本ハムの栗山監督は21日、広島新庄高を訪れ、ドラフト1位の堀瑞輝投手(18)に指名あいさつを行った。栗山監督は「まずは王道を歩んでほしい。左のエースになってくれると信じている」とし、先発として育てる方針を示した。堀も「先発として2桁勝利を目指す」と応えた。

 堀はサイドから最速150キロの直球を投げ、ピンチにも動じないマウンド度胸が特長だ。栗山監督は「長い間チームが課題にしていた左腕。『よくぞ』という感じ」と歓迎した。

...    
<記事全文を読む>