東京都内で20日開かれたプロ野球のドラフト会議で、ヤクルトから6位指名を受けた相双リテック(福島県いわき市・軟式野球)の菊沢竜佑投手(28)は「華々しい実績はないが、自分と同じように、夢の途中でくすぶっているような、そういう人に夢を与える選手になりたい」と28歳でつかんだプロへの扉を喜んだ。

...    
<記事全文を読む>