プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が二十日、都内で開かれた。県内からは、ホンダ鈴鹿硬式野球部(鈴鹿市平田町)から、平井克典投手(24)=愛知県出身=が埼玉西武ライオンズから五位指名、飯田大祐捕手(26)=茨城県出身=がオリックス・バファローズから七位指名された。

 平井投手は140キロ超の直球と鋭いスライダー、カットボールが武器の右腕。ホンダ入社後サイドスローに転向して安定感が増し、主戦格に成長した。「やるからには新人王、最多勝を狙える投手になりたい」と抱負を述べた。

 飯田捕手はクイックスローと正確な制球で高い盗塁阻止率を誇る万能型捕手。社会人入りして打撃も向上した。「二十六歳という...    
<記事全文を読む>