最速148キロの球速以上に速くみせる球のキレとコントロールが持ち味の福岡六大学MVP右腕。「チャンスをもらった若手がしっかりと結果を残している。今、一番勢いのあるチームの一員になれることにわくわくしている」と北の大地に思いをはせた。

 プロを本格的に意識したのは大学3年と、周囲に比べて遅め。全日本大学野球選手権に出場し、後にプロになる有名選手たちとの勝負を経験。「スピードがなくても、自分の投球が通用した」と自信を深めた。

 小学1年で野球を始めて以来、先発で投げ続けてきた。「もちろん、プロでも目標は先発のマウンド」と言い切る。

 沖縄県出身。興南高では1年生からベンチ入りし、甲子園優勝も経験...    
<記事全文を読む>