プロ野球のドラフト会議が20日、東京都内で開かれ、創価大の本格派右腕、田中正義投手をめぐって広島、巨人、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの5球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが抽選で交渉権を獲得した。

 群馬県関係は東北福祉大の長坂拳弥捕手(健大高崎高出身)が阪神に7位で、立正大の神戸文也投手(前橋育英高出身)がオリックスに育成3位で指名された。

 BCリーグ参入9年目で初めて独立リーグ日本一に輝いた群馬ダイヤモンドペガサスの山崎悠生、堤雅貴、沼田拓巳の3投手と桐蔭横浜大の高橋拓巳投手(前橋育英高出身)は指名がなかった。

...    
<記事全文を読む>