プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が22日、東京都内で行われ、県勢は九州産業大の投手、高良一輝(興南高出)が日本ハムから3位で指名された。

 高良は「指名されてうれしい気持ちでいっぱい。無事に選ばれて良かった」と安堵(あんど)の笑顔を見せた。念願のプロ野球人生の扉が開いたことに「1年目から投げさせてもらえるようにアピールしたい」と意気込んだ。高良は177センチ、77キロ。右投げ右打ち。興南高では2010年夏に甲子園優勝を経験した。

 日本ハムから3位指名を受け、九州産業大の後輩らに胴上げされて宙を舞い、喜びを爆発させる高良一輝。「小さい頃からの夢だったプロ野球選手になれる」。指名後...    
<記事全文を読む>