プロ野球のドラフト会議が20日、東京都内で開かれ、県勢では九州産業大学の高良一輝投手(興南高出)が日本ハムから3位指名された。創価大の本格派右腕、田中正義投手をめぐって広島、巨人、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの5球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが抽選に勝って交渉権を獲得した。「大谷に近づきたい」 けがにめげず、ひたむきに前を向き続けた右腕が、幼い頃からの夢をつかんだ。九州産業大の高良一輝が日本ハムから3位指名を受け、プロへの道を切り開いた。

 指名を受けて会見場に現れた高良は、緊張からか少し硬い表情を浮かべながらも「きょうまで指名をしてもらえるか不安もあったので素直にうれしい。まず...    
<記事全文を読む>