プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)は20日、東京都内で開かれ、本県関係では都城市出身の柳裕也投手(22)=明治大=が中日とDeNAから1位指名され、中日が交渉権を獲得した。また山本由伸投手(18)=都城高=はオリックスから4位指名された。本県関係のドラフト1位は、2013年の加治屋蓮(ソフトバンク、福島高出)以来。

...    
<記事全文を読む>