最速151キロの速球を武器とする「大学ナンバーワン左腕」に吉報が届いた。DeNAから1位指名を受けた神奈川大の濵口遥大(21)=基山町出身=は「指名されるか不安が大きかった。いろいろな人の支えがあって今の自分がある。感謝の気持ちでいっぱいです」とうれし涙をぬぐった。

 同大の古川祐一監督やチームメートら約200人と指名の瞬間を待った濵口。自分の名前が表示されると目を真っ赤にして仲間と喜び合った。

 高校進学を機に野球をやめるつもりだったという。だが、基山中の先輩2人に「入るだけでも入ろうよ」と勧められて入部を決意。「先輩たちがいなかったらいまの自分はいない」と振り返る。

 大学で頭角を現し、...    
<記事全文を読む>