プロ野球のドラフト会議が20日、東京都内で開かれ、創価大の本格派右腕、田中正義投手をめぐって広島、巨人、日本ハム、ソフトバンク、ロッテの5球団が1位指名で競合し、ソフトバンクが抽選に勝って交渉権を獲得した。

 明大の柳裕也投手は中日とDeNAが競合し、中日が交渉権を得た。抽選で外れた球団による2度目の1位指名では桜美林大の佐々木千隼投手に5球団が集中し、ロッテが当たりくじを引いた。

 西武は夏の甲子園大会を制した栃木・作新学院高の今井達也投手、ヤクルトは大阪・履正社高の左腕寺島成輝投手、楽天は神奈川・横浜高の藤平尚真投手を単独で1位指名した。オリックスは東京ガスの山岡泰輔投手、阪神は白鴎大...    
<記事全文を読む>