プロ野球ドラフト会議が20日、東京都内で開かれ、今春の全日本大学野球選手権で中京学院大を初出場初優勝に導いた吉川尚輝内野手(21)=中京高出=が、巨人から1位指名を受けた。県勢の1位指名は、一昨年の広島・野間峻祥外野手(中部学院大出)、昨年のソフトバンク・高橋純平投手(県岐阜商高出)に続き3年連続。

 吉川内野手は走攻守三拍子そろった大学ナンバーワン野手と評される。「伝統の巨人から指名を受けて光栄。開幕1軍を目指したい」と意気込んだ。

 県関係では、中部学院大の床田(とこだ)寛樹投手(21)が広島から3位、中京高の今井順之助一塁手(18)が日本ハムから9位で指名された。
<記事全文を読む>